アリスインワンダーランドの世界展


開催期間 
2009.12.23〜2010.1.11

そんなわけで、昨年12月29日にアリスインワンダーランドの世界展に行ってまいりました。



駅構内と日テレプラザは繋がっているんですね・・・!
迷うことなく到着する事が出来ました。
会場前に行ったにも関わらず2,30分待ちとのこと。
早めに行動して本当に良かったと思いました!!

会場に入るとドアの前にお兄さんが。
「特別な人にしか開けられないんです、うんぬん」と2人の方が開けさせてもらってました。
アリス展に携わってる方々が特別な衣装を着ていて、本当にディズニーのアトラクションの様でした。

「うさぎの穴」
穴の周りに本やティーカップなどが張り付いていて、まさにアニメのラビットホール。
入り口に過ぎないので本当に通るだけの区間でした。

「扉の広間」
drink meの器やアリスの衣装がショーケースに展示してあります。
壁には大きくなったアリスが居ます!大きすぎてちょっと顔が怖い・・・
この部屋にはモニターがあり、ジョニデのインタビューなどをプロモーションを流していました。
隅にあるカーテンの裏の小さな扉が印象的でした。

「帽子屋のお茶会」
この部屋はブロガー招待日なるものがあり、その方々のみ写真許可が下りていたそうです。
うそ!知っていれば応募していたのにな・・・ぐぎぎぎぎ
その名の通りお茶会シーンのテーブルがありました。
テーブルにはお菓子などが乗っており、椅子には「アリス」などそれぞれの名前が。
(皆で変わりばんこに座る筈なのに何故?)
ヤマネの席は小さい椅子の下に何冊もの本を重ねて高さを調節。

ジョニデが実際に着た衣装や帽子、カツラも展示されてました。
衣装はカラフルな糸を装着していて帽子を何処でも縫える様なデザイン!
カツラはマッドサイエンティストの様。私のイメージ的には「ヤングフランケンシュタイン」
実物を見ると映像よりも安っぽい、どこにでもありそうなウィッグに見えました。
入り口正面には大きいお花達が居ました!アニメとほぼ同じデザインで下の草はハート型。
ちょっと悲しそうな顔にも見えた様に思えます。

「赤の女王の宮廷」
赤の女王の椅子 衣装、ステッキ、槍(斧?)などハートだらけのお部屋
狭いスペースですが、椅子と柱で宮廷を再現していました。
赤の女王はハートが好きで髪の毛のカールもハートになっている!と聞いたのですが実物を見てもイマイチわかりませんでした。
というか、赤の女王って何?鏡の国と混同するのはいいけど、ハートの女王じゃないのに「首を切れ」だなんて・・・
この辺はちょっと、というか物凄く納得がいかないところです。

「白の女王の宮廷」
白の女王の衣装 アリスの鎧と剣(対ジャヴァウォッキーらしい)
あんまり記憶にあらず。とにかく白いイメージが強かったです。
鎧が意外にゴツくて(それこそ挿絵のアリス)これアリスが着るの?!と思う程重そうでした。



会場を出たところに唯一の撮影可能な場所が
お姉さんがカメラを持ってくれてお茶会ポスターと一緒に撮影してもらいました!

感想を言うと世界展はとっても楽しめました!! もう一度じっくり観たいです。
しかし、やはり映画そのものには食指が動かず・・・
アリスが好き過ぎるとその分否定的になってしまいますね・・・はい



up date 2010.1.3